AGA治療は専用の治療薬を用いるのが一般的です。
治療薬には種類がありますが、よく利用されているのがフィナステリドです。フィナステリドというのは飲む育毛剤とも言われていますが、3年の継続使用で70%以上の人に何らかの改善が見られたというデータがあります。
副作用もありますが、数%以内という事もありAGA治療によく用いられています。
フィナステリドの主な効果は脱毛物質の阻害です。AGAの最たる原因になっているDHTと呼ばれる脱毛物質がありますが、この物質が増加する事によって薄毛になります。フィナステリドはDHTを増加させないように作用しますので、脱毛を食い止める事ができるのです。また、発毛環境を整える事ができますので、薄毛が改善される可能性もあります。
AGA治療薬の種類の一つにミノキシジルもありますが、ミノキシジルには外用薬として塗るタイプとタブレット状の飲むタイプの2つが存在します。
効果の高さで言えばタブレットタイプの方が高いようですが、副作用も強くなってしまいますので、外用薬の方がよく用いられています。
ミノキシジルの効果についてですが、ミノキシジルは血管拡張剤ですので、血流を良くして発毛に必要な栄養素や酸素などを多く毛根に届ける為に役立つのが特徴です。
このように治療薬には種類がありますが、どちらを利用すれば良いのか迷うところではないでしょうか。効果的に薄毛を改善したい時にはやはり2つの治療薬を同時に利用するのが良いとされています。
どちらか一方だけでもある程度の効果はあるようですが、発毛が難しい事もあるのです。お互いの治療薬で相乗効果を目指すのが最も効果的であり、効率的に薄毛を改善できると言えます。