海外で作られているAGA治療薬があって、プロペシアやミノキシジルに関しては日本の厚生労働省の認可を受けています。
プロペシアはAGA治療薬の名前で、主成分としてフィナステリドが含まれています。
フィナステリドを主成分として配合しているAGA治療薬としては、プロペシアの他にもフィンペシアやフィンカー、プロスカーなどがあります。
プロペシアに含まれているフィナステリドは、元々はAGA治療のために開発された医薬品ではなく前立腺肥大症の治療のためのものでしたが、発毛効果が認められてたために現在ではAGA治療薬として使用されています。
AGAの大きな原因であると考えられているものが男性ホルモンですが、そのうちの一種としてテストステロンというものがあります。
テストステロンと還元酵素である5α-リダクターゼが結合することによって、薄毛や抜け毛の原因になるDHTという男性ホルモンが生成されます。
DHTの影響によってホルモンバランスが崩されてしまうので、AGAが進行してしまうという仕組みとなります。
フィナステリドには、DHTが作られる原因となっている還元酵素の5αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。
フィナステリドの効果によってDHTの増加を防ぐことが可能になりますので、それによって薄毛や抜け毛の症状の進行を止めることができます。
DHTの影響によって乱されたヘアサイクルを通常のものに戻すことができるので、抜け毛予防ができる治療薬として使用されています。
プロペシアは毎日服用する必要があるもので、症状の改善がみられるようになるまでの目安としてはおよそ6か月ほどの期間がかかります。
毎日1錠のプロペシアを服用することによって、AGA治療の効果を得ることができますが、服用を止めてしまうことによって薄毛や抜け毛が再び進行してしまいます。