AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略称で、日本語では男性型脱毛症と呼びます。様々な原因によって成人男性に起こる現象で、表面上は毛が全て抜けるのではなく、薄毛になっている状態のことです。特に髪の毛の生え際や後頭部に起こりやすく、治療せずに放置してしまうと、AGAはどんどん進行してしまうので、早めの治療が必要です。男性型と明記されていますが、女性でも30代などに多く見られる現象です。男性の場合は起こりやすい年齢などに決まりはないので、成人して少しでも薄毛や抜け毛がが気になり出したら、専門機関を訪ねたほうが良いでしょう。

AGAの原因は主に男性ホルモンの乱れと言われます。健康な髪の毛であっても、成長期、退行期、休止期を経て脱毛するのが普通です。この成長サイクルに対して男性ホルモンが過剰に介入し、成長サイクルを抑制させてしまうことによって、髪の毛は十分な長さと太さにならずに抜けてしまい、全体が薄くなってしまう訳です。この男性ホルモンはテストステロンが酵素により変換されてできたジヒドロテストステロンです。AGA治療では髪の毛の成長サイクルを正常に戻し、休止期の状態にある髪の毛を活性化させ、十分な長さに育毛させることが目的となります。

AGA治療の方法には抜け毛を抑えるプロペシア処方や発毛と育毛を促すHARG療法、ミノキシジル外用薬による育毛治療などがあります。男性ホルモンの乱れる原因は生活習慣などの可能性もありますが、既に起こってしまったAGAは薬でしか治すことができません。自身の生活態度の改善は勿論大事ですが、脱毛を防ぐのであれば専門機関に相談しましょう。但しAGAの症状、進行度は個人で異なります。誰でもどの治療法でも良いという訳ではなく、クリニックなどで医師と相談し、適切な処方を行ってもらう必要があります。HARG療法など、中には医療機関でのみ許可されている方法もありますので、育毛サロンなど、医療機関ではない場所でAGA治療を行う場合はその内容に注意してください。

特にHARG療法は医療機関、それも日本医療毛髪再生研究会という専門機関の認定院限定とされているだけに、効果も強力です。AGA以外の脱毛症に対しても有効で、世界的にも安全性が認められており、女性の脱毛にも効果を発揮します。料金も日本医療毛髪再生研究会で定められた価格があるため、必要以上に安かったり高すぎるクリニックに注意することもできます。

▼AGA治療の費用を少しでも抑えたい方はこちら
AGAの学割!その費用とは?

▼AGA治療薬の副作用のことを少しでも知りたい方はココ
プロペシアを飲むと勃たない・・・副作用でED